Carmen McRae / カーメン・マクレエ

Carmen McRae / カーメン・マクレエ
Biography

カーメン・マクレエ(Carmen McRae、1920年4月8日 – 1994年11月10日)は、アメリカ合衆国の女性ジャズ歌手、ピアニスト。20世紀において最も影響力の大きなジャズボーカリストの1人とされている。

 ・ Carmen McRae / amazon store

 ・ Spotify : Carmen McRae / カーメン・マクレエ

Carmen McRae / カーメン・マクレエの生い立ちと活動

ニューヨークのハーレムにてジャマイカ移民の両親の間に生まれる。10代から20代にかけて主にピアニストとして活動し、最も影響を受けたビリー・ホリデイら著名なジャズミュージシャンとの知己を得る。
1950年代半ばに歌手デビューし、サミー・デイヴィスJr.とのデュエットを含む録音をデッカ・レコードから発表。それ以来様々なレコードレーベルから多数のアルバムを発表した。
カーメンはポップスに接近したサラ・ヴォーンらとは対照的にジャズの枠を大きく飛び出すことはなく、ピアノトリオなどの簡素な伴奏を得意とした。数少ない例外の一つに1976年にブルーノート・レコードから発表したアルバム”Can’t Hide Love”があり、ラリー・カールトン、ジョー・サンプル、デイヴ・グルーシン、ハーヴィー・メイソンらフュージョン界のスターを従え、ジャズに加えてR&B・ファンク・ポップの楽曲を歌いこなしている。

  
  
先輩や同世代のミュージシャンに対する敬愛の念を表し続けたのも特徴で、ビリー・ホリデイ、デイヴ・ブルーベック、 ナット・キング・コール、セロニアス・モンクらに捧げたトリビュートアルバムを発表した。1990年に死去したサラ・ヴォーンに捧げた”Sarah: Dedicated to You”を同年発表し、それが最後のアルバムとなった。
長年にわたる喫煙の影響で晩年になるにつれて声域・声質は低く重く変化した。肺気腫のため1991年に引退を余儀なくされ、1994年に呼吸器疾患の合併症のため死去した。