【ダイナが尊敬するスミスにトリビュート】
ブルージーな歌唱で高い評価を獲得したダイナ・ワシントンは《ブルースの皇后》と呼ばれたベッシー・スミスの後継者としてもファンの間で知られている。それゆえ、この作品が登場したのは必然的な結果だった。レコーディングは1958年。ダイナが絶頂の時代を迎えていた時期である。満を持しての吹き込みだったのだろう。エディ・チャンブリー・オーケストラをバックに彼女が極上のブルース・フィーリングを醸し出す。9曲のボーナス・トラックも内容充実だ。(jazzyellより)

 ・ Dinah Washington Sings Bessie Smith / amazon

 ・ Spotify : Dinah Washington Sings Bessie Smith (1958)