1954年 ブルースの女王ダイナが、クリフォード・ブラウン=マックス・ローチ・クインテットという当時の人気バンドのメンバーたちと共演した濃いアルバム。アップ・テンポの「ラヴァー・カム・バック・トゥ・ミー」が熱い。

 ・ Dinah Jams / amazon

 ・ Spotify : Dinah Jams (1954) / ダイナ・ワシントン・ウィズ・クリフォード・ブラウン

The casual setting of this one-day live session produced an uncompromisingly fiery album, here happily augmented by three bonus tracks. Washington rips, roars, and caresses her material, sometimes all at once, while leaving plenty of room for the likes of Clifford Brown, Clark Terry, and Max Roach to shine. The highlight is a “You Go to My Head” that’s the very definition of the phrase “a summer with a thousand Julys.” –Rickey Wright