Dinah Washington / ダイナ・ワシントン - 100Vocal.com

Dinah Washington / ダイナ・ワシントン
Biography

ダイナ・ワシントン (Dinah Washington, 1924年8月29日 – 1963年12月14日) は、米国のブルース/R&B/ジャズ・シンガー。出生時の本名は、ルース・リー・ジョーンズ。自他共に認める「ブルースの女王」(Queen of the Blues) の称号を持つ。そのソウルフルな歌声は、ジャズ界に留まらず、幅広い方面に影響を与えた。
ダイナは同時期のエラ・フィッツジェラルドやサラ・ヴォーンらとは異なりスキャットや器楽ソロとの掛け合いなどは一切行わなかったが、ブルースやゴスペル色が強い大胆な即興やシャウトを用い、ジャズ界において独自の地位を確立した。ハスキーなアルトの声域や力強いビブラート、歯切れの良い発音や発声が特徴である。

 ・ Spotify : Dinah Washington / ダイナ・ワシントン

Dinah Washington / ダイナ・ワシントンの活動と生い立ち

1924年8月29日、アラバマ州タスカルーサに生まれる。3歳のとき、家族とともにイリノイ州シカゴへ移住。シカゴでは、幼少期からゴスペルの世界に身を投じ、地元のバプティスト教会のクワイヤーでピアニストとして活動した。

15歳のとき、シカゴのリーガル劇場で行われたアマチュア・コンテストに出演し、ポップスを歌い優勝。18歳の頃にはナイトクラブでジャズ・シンガー/ピアニストとして活動するようになった。1943年、ライオネル・ハンプトンの楽団に加入する。彼女が芸名のダイナ・ワシントンを名乗りだしたのはこの頃である。

同年、レナード・フェザーが取り仕切り、キーノート・レーベルのために初のレコーディングを行った。レコーディングされた4曲のうち”Evil Gal Blues”がヒットを記録する。その後もしばらくハンプトンの楽団に在籍しソロ活動はしていなかったが、1945年には自己名義でアポロ・レーベルに12曲をレコーディング。

間もなくマーキュリーと契約し、本格的にソロ・シンガーとしての道を歩み始めたのであった。
マーキュリーでは1948年に”Ain’t Misbehavin'”がR&Bチャートの6位を記録したのを始めとして、数多くのヒットを生み出した。ポップスからカントリーまで幅広く歌いこなしたが、中でも1959年の”What A Diff’rence A Day Makes”は、彼女のスタイルの幅広さを象徴するナンバーとして知られている。ドーシー・ブラザーズによるラテン系のボレロをカヴァーしたもので、ポップ・チャートでも8位を記録する大ヒットとなり、ダイナはこの曲でグラミー賞も獲得した。

1958年には、ニューポート・ジャズ・フェスティバルに出演。テリー・ギブス、マックス・ローチ、ウィントン・ケリーらとの演奏は映画「真夏の夜のジャズ」にも収録されている。

1962年、当時カウント・ベイシーやサラ・ヴォーンらが所属していた新興のルーレット・レコードに移籍する。

1963年12月14日、ダイナは睡眠薬・痩せ薬とアルコールを同時に過剰摂取したことにより、39歳の若さで急逝した。アメリカン・フットボール選手のディック”ナイトトレイン”レインとの結婚の僅か半年後のことであった。