Billie Holiday / ビリー・ホリデイ - 100Vocal.com

Billie Holiday / ビリー・ホリデイ
Biography

ビリー・ホリデイ(Billie Holiday, 1915年4月7日 – 1959年7月17日)は、アメリカ合衆国の黒人女性ジャズ歌手。
「レディ・デイ」の呼称で知られる。サラ・ヴォーンやエラ・フィッツジェラルドと並んで、女性ジャズ・ヴォーカリスト御三家の1人に数えられる。
人種差別や、麻薬・アルコール依存症との闘いなど壮絶な人生を送った彼女は、多くの人々を魅了したその声も晩年にはかれ、音域も極端に狭くなっていた。しかし、なお情感豊かな唄声は他に並ぶ者がないほどの高い評価を与えられ、ジャニス・ジョプリンをはじめとする多くのミュージシャンに影響を与えた。
彼女の生涯に於いて代表的なレパートリーであった「Strange Fruit(奇妙な果実)」や「God Bless’ the Child (神よめぐみを)」、「I Love You, Porgy(アイ・ラブ ・ ユー、ポーギー)」、「Fine and Mellow(ファイン・アンド・メロウ) 」は、後年、多くのミュージシャンに取り上げられるジャズ・ヴォーカルの古典となった。

 ・ amazon : Billie Holiday

 ・ Spotify : Billie Holiday / ビリー・ホリデイ

Billie Holiday / ビリー・ホリデイの生い立ちと活動

ジョン・ハモンドに見出され、初レコーディングはベニー・グッドマン楽団と行う。その後、テディ・ウィルソン楽団、カウント・ベイシー楽団らと共演した。特に、著名なミュージシャン達から大きな目標とされていたサックス奏者レスター・ヤングとの共演が名高い。
「Q誌の選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第12位。
従兄は、プロボクサーのヘンリー・アームストロング。
2000年に、ロックの殿堂入りを果たした。